【幸サラ】管理職が余る理由(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013/01/27(日)(第363号)━━

大和賢一郎です。

横浜BLITZにライブを見に行きました。
写真 ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

10年以上も活動を続けているミュージシャンって、すごいと思います。
自分の仕事に飽きなければ、どんな業種でも成功できるのでしょう。

───────────────────────────────────

管理職が余る理由(1)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・「監視」「教育」「伝達」が、ITに取って代わられたからです。

【1】監視
テレビや自動車を大量生産していた工業化社会では、会社員の仕事は工場での
ライン作業がメインでした。その際、労働者の手足が止まっていたら「おい、
何をサボっているんだ!」と、誰かが叱責しなければなりません。その役割が
管理職です。

しかし情報化社会では、会社員はパソコンと頭を使って仕事をするので、手足
を止めたとしても、それは考えている(仕事をしている)のか、それともボー
っとしているのか、見た目で判断できません。すなわち物理的に監視不可能に
なったのです。

では仮に、社員の「脳の動き」をモニターで監視したとして、それで業務の効
率が上がるでしょうか?

───────────────────────────────────

 大和賢一郎の
 モチベーションを高める言葉
 毎日更新 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

───────────────────────────────────

会社員の仕事は「アイデア」「ひらめき」「コンセプト」などがメインになり
ました。そのような「気づき系」は単純物理作業や肉体労働とは異なり、叱責
や監視でクオリティが高まるものではありません。

むしろ、自由にリラックスした空間のほうが創造性を発揮できたりします。よ
って「監視不可能」かつ「監視しても意味が無い」ので、監視役としての管理
職の必要性が無くなったのです。

【2】教育
工業化時代は、特殊な部品を作るために特注された加工機械が用いられました。
特注品なので、書店に行ってもマニュアル本は売られていません。そして製品
が変われば必要な部品も変わりますから、さらに特注で機械をカスタマイズし
ます。そのため、いちいち「使い方マニュアル」を書いているヒマがないのです。

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック
 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

連載:失敗しないウェブ外注(第14回)

ホームページを公開する上で欠かせないのがウェブサーバです。でも「種類が多くてどれを選べばいいのか分からない」とお悩みの方も多いでしょう。多機能すぎても使いこなせないし、シンプルすぎても物足りない。選ぶポイントはズバリ「ホームページ公開後のメンテナンスをどうするか?」です。「自分でやるか」「業者に任せるか」で判断しましょう。自分でやるなら慎重に選ぶ必要がありますが、業者任せなら気にしなくていいです。

お客「ホームページを公開した後、更新とかはどうすればいいですか?」

業者「メンテナンスですね。」

お客「メンテナンス?」

業者「はい、更新の他にも、メールアドレスの追加や、各種設定変更などが必要になります」

お客「メールアドレスの追加って、どういう意味ですか?」

業者「ホームページを公開するとき、独自ドメインを取得しますよね?」

お客「はい、私は自分の会社名で、ドメイン名(ホームページアドレス)を取得したいです」

業者「そのドメイン名で、メールアドレスも使いたいですよね?」

お客「もちろんです。」

業者「たとえば、ドメイン名が @kaisya.com だとします。あなたのお名前は?」

お客「山田です。」

業者「では、メールアドレスは yamada@kaisya.com を登録したいですよね」

お客「はい、したいです」

業者「ところで、yamada@kaisya.com だと、個人アドレスっぽくないですか?」

お客「そうですね、一応、私、社長なんですけど、私的なアドレスみたいですね。」

業者「でしたら、info@kaisya.com とか support@kaisya.com とか、作りたくないですか?」

お客「はい、作りたいです。ちゃんとした会社っぽくて、カッコいいですね。」

業者「他にも、社員が増えたら? たとえば、川田さんが入社したら kawada@kaisya.com が必要なのでは?」

お客「必要です。え? ということは、メールアドレスの追加って、結構ひんぱんにあるのですね。」

業者「はい。ホームページを運営するということは、メールアドレスの管理も兼ねるんです」

お客「なんだか面倒くさそうですね。誰かにお願いして代行してもらえないのでしょうか?」

業者「それを請け負ってくれる業者さんなら、お金を払えばやってくれると思います」

お客「請け負ってくれるかどうかは、業者さんによって違うのですか?」

業者「はい、違いますし、やってくれるにせよ、価格もピンきりです」

お客「どういうことですか?」

業者「たとえば”サーバのメンテナンスは月額○円”という業者さんがいるとします」

お客「それで?」

業者「その”メンテナンス”の中に”メールアドレスの追加や削除”が含まれる場合は、月額○円でやってくれます」

お客「含まれていない場合はどうなるんですか?」

業者「メールアドレスを1件追加するごとに○円いただきます、みたいな」

お客「具体的にいくらですか?」

業者「言い値ですね。1,000円かもしれないし、5,000円かもしれないし。3万円かも?」

お客「えっ!? そんなのアリなんですか?」

業者「アリなんです。だから業者を選ぶときは、事前にしっかり確認したほうがいいですよ。」

お客「はい、気をつけます。(メンテナンスの価格設定って、怖いな・・・)」

ホームページの「更新」と聞くと、「タイトルを変更する」「写真を入れ替える」「文章を書き換える」などを連想するでしょう。しかし、それ以外にも、メールアドレスの追加や削除など、サーバの管理作業が発生します。このような「メンテナンス」は永続的に必要なので、ランニングコストとなります。自分でメンテナンスするのか、業者にお願いするのか、まずはそれを決めて、適切な業者やサーバを選択しましょう。

失敗しない鉄則(14):メンテナンスを業者にお願いする場合は「含まれる作業範囲」と「価格」を明確にする。

では、サーバのメンテナンスには、他にどのような作業があるのでしょうか? > 続きは次回にお伝えします。
大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
(C) Copyright 2013 大和賢一郎 https://www.facebook.com/1mouke
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【幸サラ】企業間デジタルディバイドの恐怖(4)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013/01/27(日)(第363号)━━

大和賢一郎です。

最近、ライブを見に行くのがマイブームです。
ロック系が好きですが、邦楽全般を聴きます。

誰のライブに行ったのか?は、
 ⇒ https://www.facebook.com/1mouke
にアップしていきますね。

───────────────────────────────────

企業間デジタルディバイドの恐怖(4)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・中小企業や個人事業主と、どんどんスキルの差がついていくのです。

このように「コンプライアンスに縛られる大企業」と「次々と自由に新しいも
のを取り入れる中小企業やベンチャー」との間で「企業間デジタルディバイド」
が発生しています。

こんな状態があと10年、20年と続いたら、大企業の社員たちはいったいど
うなってしまうのでしょう。平成の浦島太郎。考えただけで恐ろしくなります。

───────────────────────────────────

 職場の人間関係で悩まない「ストレス解消&メンタル強化」
 ⇒ https://kenichiro-yamato.jp/cms/video/

───────────────────────────────────

管理職が余る理由

大企業では今「行き場を失った管理職たちが余る」という異常現象が起きてい
ます。具体的には、40代半ばから50代半ばの課長相当職が、ごった返した
狭い職場で椅子取りゲームを繰り広げているのです。

本来、会社組織はピラミッド型で、上に行くほど人数が少なく、下に行くほど
人数が多い、というのが常識です。しかし「課長が3人で、部下が1人」とい
った、いびつで非常識な逆ピラミッド構造が生まれているのです。

一度「課長」という肩書きを付けたら、簡単には剥がせません。よって「担当
課長」とか「課長代理」のように苦しまぎれの「ギリギリ課長」というポスト
を強制量産した結果「課長だらけ」になったのです。

現場で働く若手たちにとっては「一体誰に報告すればいいのか分からない」と
いう状況になり、「とりあえず3人ともCCに入れておけばいいか」となります。
すると3人の課長も「他の2人のどちらかが見てくれるだろう」と、お互いに
仕事を押し付けあうようになり、責任の所在が不明確なままプロジェクトが進
んで、致命的なミスで崩壊するのです。

ではなぜ、管理職が余るのでしょうか? 理由は、管理職の3大機能である
「監視」「教育」「伝達」が、ITに取って代わられたからです。

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック
 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

連載:失敗しないウェブ外注(第13回)

国内の有料サーバはたくさんあるけれど、価格もピンきりだし、どれを選んだらいいのか分からない。あまり高機能でも使いこなせないし、そもそもサーバを運用するのは始めてだから、どんなスキルが必要なのかも不明。ITには詳しくないので、技術的に行き詰ったらどうしよう。そんな悩みをお持ちの方も多いはず。今回は、サーバを選ぶ上で重要な「価格と機能のバランス」の見極め方をご紹介します。

お客「”ロリポップ”というサーバが良いと聞いたのですが、本当なんですか?」

業者「なぜ”ロリポップ”が良いとお考えなのですか?」

お客「グーグルで”レンタルサーバ”と検索したら、トップに出てくるからです」

業者「他には?」

お客「価格も安いし、使っている起業家も多いと聞きます」

業者「おっしゃるとおり、”ロリポップ”は、手始めのサーバとしては最適です」

お客「”手始め”とは?」

業者「安価で契約できますし、基本的な機能も備えていますから、初心者向けと言えます」

お客「初心者向けってことは、上級者は使わない、ということですか?」

業者「必ずしも使わないわけではありませんが、慣れてくると、もっといろんな機能がほしくなるのです」

お客「たとえばどんな機能ですか?」

業者「コントロールパネルとか、アクセス解析とか、ですかね」

お客「コントロールパネルって、なんですか?」

業者「サーバの状態を見たり、各種設定を変更したり、クルマで言う運転席ですかね」

お客「サーバの状態って、何を見るんですか?」

業者「ディスク容量があと何バイト残っているか?とか、メールの転送設定がONになっているか?とか、いろいろあります」

お客「そんなの、どの業者のサーバでも同じでは?」

業者「基本的には同じですが、見やすい、見にくい、は業者ごとに違います」

お客「どういう意味ですか?」

業者「クルマの運転席に必要な表示機能って、何ですかね?」

お客「スピードメーターとか、ガソリン残量とか、あとオイル交換警告ランプも欲しいです」

業者「他には?」

お客「最近では、半ドア警告、シートベルト未装着警告、エコメーターなど、さまざまです」

業者「つまり車種によって搭載する表示機能も異なりますよね」

お客「はい、ということは、サーバで考えても、同じことが言えるのでしょうか?」

業者「そのとおりです。サーバの状態を把握するために、いろんな情報を見たいですよね?」

お客「はい、見たいです」

業者「そのためには、充実したコントロールパネルを搭載したサーバを選ぶことが大切です」

お客「なるほど、分かりました。(ところでサーバのコントロールパネルって、契約前に見られるのかな?)」
サーバ選びの重要な観点として「コントロールパネルの充実度」があります。これは業者によってピンきりであり、どれが良い悪いとは一概に言えません。ジャンボ機のコックピットのようにスイッチだらけでも混乱します。ですから初心者にはセスナぐらいがいいのですが、ベテランのパイロットには物足りません。実際に操作してから決めたい、という場合は、無料お試し期間などを利用して、触ってみるのが一番手っ取り早いです。

失敗しない鉄則(13):コントロールパネルは各サーバによって機能が異なるので事前に調査し体感しておく。
でも、ホームページを公開するのは初めてで「どんな機能があれば十分なのか分からない」という人はどうすればいいのでしょうか? > 続きは次回にお伝えします。

大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
(C) Copyright 2013 大和賢一郎 https://www.facebook.com/1mouke
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━