【幸サラ】私が会社を辞めた本当の理由(6)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/10/21(日)(第356号)━━

おはようございます。ITエンジニアの大和賢一郎です。

Google+(グーグル・プラス)をお使いの方、いらっしゃいますか?

私も、とりあえず登録
https://kenichiro-yamato.jp/cms/sns/google_plus/
はしているのですが、まだまだ活用できていない感じです。

Facebookに比べて、技術的な敷居が高い雰囲気なのかもしれません。
「サークル」とか「ハングアウト」とか、いろんな機能があるのですけれど、
浸透するには、もう少し時間がかかりそうですね。

───────────────────────────────────

私が会社を辞めた本当の理由(6)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・社員本人の問題というよりは、会社の寿命の問題です。

私の場合、【2】ものたりない がきっかけで週末起業を始めました。そして
【3】やることがない が引き金になって会社を辞めました。

自分で言うのもなんですが、サイドビジネスで稼ぎ、本を出版するほどの実力
があるのですから「仕事がデキる社員」だと自負していました。それでもリス
トラされたのですから、もはや個人の問題ではなく、組織そして会社制度その
ものが破綻したのだと割り切っています。

社内失業者の実態

社内ニート。この言葉はグーグルで検索すれば出てくるほどの一般用語になっ
てしまいました。ウィキペディアには次のように書かれています。

───────────────────────────────────

 東京ウェブ制作

 東京品川を拠点に活動する、ウェブ制作の専門業者です。

 ⇒ https://tokyo-webs.jp/

───────────────────────────────────

「社内ニートとは、社員としてその企業に在籍しながら、十分な仕事も与えら
れず、机に座って終日暇をつぶしているものをいう。」

私自身、社内ニートの経験があります。とてもつらいです。無性に寂しくなり
ます。職場で楽しそうに仕事をしている部下たちが羨ましく見えます。罰ゲー
ムとさえ感じます。

そして耐え切れず、私はメルマガを書き始めました。だってヒマなんだもの。
やることないなら「文章力を鍛える」という自己啓発の意味も込めて、私は執
筆に明け暮れました。そして著書を出すまでに至りました。

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック

 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

大和賢一郎が運営するFacebookページ「起業家のための、損しないIT外注テ
クニック」は、IT外注のお悩み相談所(コミュニティサイト)です。お気軽
に投稿してくださいね!「いいね!」受付中です。

───────────────────────────────────

連載:失敗しないウェブ外注(第6回)

「業者の料金表を見てもさっぱり分からない」「パックとかオプションとか多
すぎて理解できない」という不満をお持ちではないでしょうか。「ゼロ円とか
だと安かろう悪かろうだったら困るし」。

ホームページの価格はピンきりです。初期コストのみならずランニングコスト
(毎月の運営費)も考慮しなければなりません。サーバーのスペックも重要です。

お客「サーバが低スペックだと表示が遅いと聞いたのですが・・・」

業者「弊社が提供するサーバはスペック的に十分ご満足いただけるレベルです。」

お客「サーバの容量はどれくらい使えるのですか?」

業者「ご相談に応じますが、大容量の場合、追加料金をいただくことがあります。」

お客「いくらですか?」

業者「その前に、ホームページの内容をお聞かせ願えますか?」

お客「内容とは?」

業者「テキストが主体なら容量は少なくて済みますが、動画配信などは大容量が必要です。」

お客「ホームページの内容はこれから考えていきたいので、まだ何とも言えません」

業者「それでしたら余裕を持って大容量のサーバをご契約されることをお奨めします。」

お客「でも大容量だと高いんですよね?」

業者「はい。」

お客「・・・・・・(無駄な投資は避けたいなぁ)。」

業者「・・・・・・(内容も決まってないのに容量の話だけをされてもなぁ)。」

サーバの容量は多いほうが望ましいですが、使いもしない大容量は無駄なコス
トです。たとえば現実世界で会社を立ち上げる場合、最初は小さな事務所を借り、
利益が出て社員が増えてきたら大きな事務所に引っ越します。

ウェブサーバも同じです。最初は小さく始めて徐々に拡大すればいいのです。
この「あとで容量を追加できるか?」がポイントです。

失敗しない鉄則(6):業者がサーバを提供する場合、容量をあとで追加できるか確認する。

では、サーバの容量は、具体的にどの程度あれば
十分と言えるのでしょうか? > 続きは次回にお伝えします。

「起業家のための損しないIT外注テクニック」では、IT外注に関するご相
談に無料で回答しています。情報交換のためのコミュニティサイトですので、
ご遠慮なく積極的に書き込んでくださいね~!

質問を書き込む(無料) ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

以上、大和賢一郎でした。

大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
────────────────────────────────────
発行者 ITエンジニア 大和賢一郎(やまと・けんいちろう)
大和賢一郎のFacebook ⇒ https://www.facebook.com/1mouke
面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!
メッセージもお待ちしています!  (C) Copyright 2012 大和賢一郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【幸サラ】私が会社を辞めた本当の理由(5)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/10/14(日)(第355号)━━

おはようございます。ITエンジニアの大和賢一郎です。

私の最新作(電子書籍)
「会社を辞める」ということ(ごきげんビジネス出版)
 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

3週連続でトップアドオン1位を獲得し、現在も維持しております。
どうもありがとうございます。

───────────────────────────────────

私が会社を辞めた本当の理由(5)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・速達郵便で上司に別れを告げました。

会社を辞める3パターン

会社を辞める理由は人それぞれ違うでしょう。しかし「辞めるパターン」とし
ては、つぎの3種類しかないと、私は考えています。

【1】ついていけない
仕事の難易度やスピードについて行けずに脱落するパターンです。野球で言え
ば、プロに入団したが、三軍の練習試合でも息切れして、もうムリだと思って
退団するケース。

会社員の場合、新人扱いされなくなる2年目から3年目あたりに、このパター
ンで辞めることが多いようです。

───────────────────────────────────

大和賢一郎のFacebookです。 ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!

大和賢一郎とFacebookで友達になる ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

───────────────────────────────────

【2】ものたりない
仕事が簡単すぎてつまらない、もっと高い壁を乗り越えてみたい、そう考えて
新天地を求めるパターンです。野球で言えば、日本のプロ球団でトップ選手に
君臨したのち、大リーグに挑戦したいと思って渡米するケース。会社員の場合、
ベテランで脂の乗った10年目から15年目あたりです。

【3】やることがない
会社が市場から見放され、受注が減り、仕事が無くなって行き場を失うパター
ンです。野球で言えば、ナイター中継の視聴率が低下し、試合をしても儲から
なくなり、球団が資金力を失って身売りし、選手が路頭に迷うケース。これは
社員本人の問題というよりは、会社の寿命の問題です。

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック

 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

大和賢一郎が運営するFacebookページ「起業家のための、損しないIT外注テ
クニック」は、IT外注のお悩み相談所(コミュニティサイト)です。お気軽
に投稿してくださいね!「いいね!」受付中です。

───────────────────────────────────

連載:失敗しないウェブ外注(第5回)

「そもそもウェブサーバってなに?」という方もご安心ください。今回は「最
低限知っておいたほうがよい知識」をお伝えします。専門的なことは分からな
くても「ようするに、何がどう違って、毎月の料金はいくらなの?」を把握す
るのがキモです。

ホームページを公開するためにはウェブサーバが必要です。ウェブサーバを利
用するにはお金がかかります。そしてウェブサーバの種類や料金プランは多種
多様でピンきりなのです。賃貸物件のように比較して選びましょう。

業者「ウェブサーバはお客様でご用意なさりますか?」

お客「面倒だし、よく分からないので、お願いしたいのですが」

業者「では弊社が推薦するウェブサーバを契約させていただきますね」

お客「ところでお金はいくらかかるのですか?」

業者「ええっと・・・月額3万円になります。」

お客「けっこうかかりますね。高くないですか?」

業者「ええ。ですが高性能なウェブサーバは値段も高くなります」

お客「高性能だと、何がうれしいんですか?」

業者「大量のアクセスが発生してもダウンせずに動き続けます」

お客「なるほど・・・(わかったような、わからないような)」

ウェブサーバのスペックによって価格がピンきりなのは事実です。しかし単に
「高性能だから良い」ということでもありません。たとえば家電量販店でパソ
コンを買うとき「メールさえ使えればいい」なら「超大容量ハードディスク」
とか「超高速メモリ」とか「超高画質3Dグラフィック」とか不要ですし、
搭載されても使いこなせません。

ウェブサーバも同じです。公開するホームページの規模や用途によって最適な
スペックは異なります。

失敗しない鉄則(5):適切なウェブサーバのスペックを見極めて無駄なコス
トを削減する。

では、ウェブサーバのスペックを見極めるためには、どんな点に注意すればよ
いのでしょうか? > 続きは次回にお伝えします。

「起業家のための損しないIT外注テクニック」では、IT外注に関するご相
談に無料で回答しています。情報交換のためのコミュニティサイトですので、
ご遠慮なく積極的に書き込んでくださいね~!

質問を書き込む(無料) ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

以上、大和賢一郎でした。

大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
────────────────────────────────────
発行者 ITエンジニア 大和賢一郎(やまと・けんいちろう)
大和賢一郎のFacebook ⇒ https://www.facebook.com/1mouke
面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!
メッセージもお待ちしています!  (C) Copyright 2012 大和賢一郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【幸サラ】私が会社を辞めた本当の理由(4)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/10/07(日)(第354号)━━

おはようございます。ITエンジニアの大和賢一郎です。

私の最新作(電子書籍)
「会社を辞める」ということ(ごきげんビジネス出版)
 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/
ですが、
「パソコンやAndroidでは読めないのですか?」
というお問い合わせを多数いただいております。
先日、ごきげんビジネス出版さんとの打ち合わせがあり、
話題に挙げたのですが、現時点では、まだ対応できていない、
とのことでした。

ごきげんビジネス出版さんも今年の7月に立ち上がったばかりなので、
走りながら開発を進めている、といった感じです。
申し訳ございませんが、今しばらくお時間いただけますでしょうか。

最新情報は追ってご連絡しますね。

───────────────────────────────────

私が会社を辞めた本当の理由(4)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・「お父さんと代わるね。」

そして父親からの言葉。
「若いうちやったらええけど、もうええ年して会社の仕事もサイドビジネスも
両方やるのは限界なんとちがうか?」

痛いところを突かれました。35歳。独身。著作も実績もスキルも十分。もう
いいかげん独立しろよ、そんな声が耳に刺さりました。職場の上司や同僚も、
私が週末起業をやっていることは知っており、後輩からも「どっちが本業なん
ですか?」「いつ辞めるんですか?」と突っ込まれる日々。

「お父さんの会社も、もう今はあらへん。潰れてしもうた。いつまでもぶらさ
がっとってもしゃあないで。」年金暮らしの父親ですが、かつてはサラリーマ
ンとして大企業グループの下請けで働いていました。ところが50歳半ばで早
期退職制度に応じ、母と祖母との3人暮らしで、なんとかやりくりしています。

───────────────────────────────────

大和賢一郎のFacebookです。 ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!

大和賢一郎とFacebookで友達になる ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

───────────────────────────────────

これはチャンスかもしれない。そう思いました。しがみついてきた「決断先送
りの逃げ腰サラリーマン人生」にピリオドを打ち、いよいよ退路を断つ日が来た、
と。

「怖くなんてなかった」といえば嘘になります。しかし「週末起業を8年以上
も続けてきた」という事実が、私に勇気をくれました。もう誰も信じられない。
結局、信じられるのは自分の実力すなわち「稼ぐスキル」しかない。

週末起業をやっていて本当によかった。もしそれがなかったら、腐って路頭に
迷い、首を吊っていたかもしれない。

住む場所さえ自由に決められないサラリーマン生活におさらば。これからはフ
リーエージェントとして自分の足で歩いていこう。もうやるしかない、それし
かない、ずっとやりたかったんだ。

そうして私は、会社から貸与されていた備品一式を段ボール箱に詰め、退職願
を同封し、速達郵便で上司に別れを告げました。

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック

 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

大和賢一郎が運営するFacebookページ「起業家のための、損しないIT外注テ
クニック」は、IT外注のお悩み相談所(コミュニティサイト)です。お気軽
に投稿してくださいね!「いいね!」受付中です。

───────────────────────────────────

連載:失敗しないウェブ外注(第4回)

ウェブサイトは「公開したあとのメンテナンス」が大変です。新しいページを
追加したり、タイトルを変更したり、掲載商品を入れ替えたり。

ほかにも「昨日まで表示されていたのに、今日いきなり表示されなくなった」
などのトラブルも起きます。ネットショップなら死活問題であり、緊急に対応
しなければなりません。

このような「公開後のメンテナンス」「トラブル発生時のサポート」をどこま
でやってくれるかも、業者選びのポイントです。

顧客「先月納品してもらったホームページの更新をお願いしたいのですが」

業者「すみませんが現在、他の案件で多忙につき、お引き受けが難しい状況です」

顧客「ちょっと文章を書き換えるだけなので、すぐ終わると思いますが、ダメですか?」

業者「それでしたら、お客様ご自身で修正なさっても結構ですよ」

顧客「でも初心者なので、ヘタにいじって表示がおかしくなったら困りますし・・・」

業者「あっ、すみません別の電話が・・・。ちょっとお時間いただけますか、折り返します。」

顧客「・・・・・。」

ホームページを外注する際は、納品物に「毎月のメンテナンスも含まれるか?」
を確認しましょう。月額料金を払えば応じてくれる業者もありますし、
逆に「納品後のメンテナンスはお客様の責任にてお願い致します」という業者
もいます。

「業者に頼まなくても、ちょっとしたHTMLの修正なら自分でやる」という場合は、
更新したホームページをアップロードするためのアカウントIDとパスワードを
業者から引き継いでおきましょう。

失敗しない鉄則(4):ホームページ公開後のメンテナンス方法を決めてから発注する。

さらに、忘れてはならないのが、ウェブサーバの維持管理費用です。 > 続きは
次回にお伝えします。

「起業家のための損しないIT外注テクニック」では、IT外注に関するご相
談に無料で回答しています。情報交換のためのコミュニティサイトですので、
ご遠慮なく積極的に書き込んでくださいね~!

質問を書き込む(無料) ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

以上、大和賢一郎でした。

大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
────────────────────────────────────
発行者 ITエンジニア 大和賢一郎(やまと・けんいちろう)
大和賢一郎のFacebook ⇒ https://www.facebook.com/1mouke
面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!
メッセージもお待ちしています!  (C) Copyright 2012 大和賢一郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【幸サラ】私が会社を辞めた本当の理由(3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功

 ITエンジニア 大和賢一郎 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

 毎週日曜朝配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/09/30(日)(第353号)━━

おはようございます。ITエンジニアの大和賢一郎です。

私の最新作(電子書籍)
「会社を辞める」ということ(ごきげんビジネス出版)
 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/
が、先週に引き続き、トップアドオン(第1位)を維持しております。
お買い求めいただいた方々、どうもありがとうございます。

───────────────────────────────────

私が会社を辞めた本当の理由(3)

前号を読む ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html

・・・「辞めるなら今しかない」。

なんだかんだ言っても大企業に勤めていれば安泰、そんな甘っちょろい幻想を
捨て切れなかった自分を恥じました。いよいよヤバイ、独立しないと死ぬ、
そう確信しました。

次の日、私は「会社を辞めるときの手続きガイド」という本を書店で買い、
退職願を書きました。数ヶ月前までは、まさか自分がこれを書くことになる
とは考えてもみませんでした。

会社と社員の関係なんて、こんなにも脆いのだ。2012年3月11日。
14年間の忠誠心が音を立てて崩れ去った3・11でした。

───────────────────────────────────

大和賢一郎のFacebookです。 ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!

大和賢一郎とFacebookで友達になる ⇒ https://www.facebook.com/1mouke

───────────────────────────────────

親との会話

私の両親は、私が独立したがっていることを知っていました。離れて暮らして
おり、もう何年も帰省していませんでしたが、著書を送っていました。

私は14年間のサラリーマン生活の中で、週末起業を続けながら、著書4冊を
出版し、雑誌に取り上げられ、テレビにも出演しました。

地元ではちょっとした有名人になっているらしく、近所のおばさんから「アマ
ゾンの書評で五つ星がついている」と褒められたことを、母は誇らしげに電話
で話してくれました。

「お父さんと代わるね。」

(次号につづく…)

───────────────────────────────────

起業家のための、損しないIT外注テクニック

 ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

大和賢一郎が運営するFacebookページ「起業家のための、損しないIT外注テ
クニック」は、IT外注のお悩み相談所(コミュニティサイト)です。お気軽
に投稿してくださいね!「いいね!」受付中です。

───────────────────────────────────

連載:失敗しないウェブ外注(第3回)

業者とっていも、何でも作れるパーフェクトな存在ではありません。中華料理
屋に行って「マックシェイクください」と注文しても「それならお向かいのマ
クドナルドへ・・・」と言われます。

相手が何の専門家なのか、得意分野を明確にすることが必要です。しかし「株
式会社ウェブ制作」だけでは「料理長コックさん」ぐらいアバウトです。どん
な料理が作れるのか、そしてどんな料理が「作れない」のか(ここ重要)を
ヒアリングしましょう。

1.「どういった業種のホームページ作成がご専門ですか?」

2.「作成に使われているソフトウェアは何ですか?」

3.「ロゴやイラストのデザインも対応していただけますか?」

4.「データベースの作成もお願いできますか?」

5.「これまでの制作実績を見せていただけますか?」

このような質問をぶつけてみましょう。

1.は、業者が「なんでも屋さん」なのか「専門店」なのかを
  把握するための質問です。

2.は、アドビ製品がメインなら問題ないでしょう。

3.は、デザイナーを自社で抱えているか、外注しているかの判断になります。

4.は、データベースは技術的な敷居が高いので、
  業者の技術力を測る目安になります。

5.は、具体的にどんなページを作成してきたのか分かるので、
  イメージが固まりやすいです。

失敗しない鉄則(3): 適切な質問をすれば、適切な業者かどうか判断できる。

そしてもっと重要な質問があります。それはメンテナンスについて。 > 続き
は次回にお伝えします。

「起業家のための損しないIT外注テクニック」では、IT外注に関するご相
談に無料で回答しています。情報交換のためのコミュニティサイトですので、
ご遠慮なく積極的に書き込んでくださいね~!

質問を書き込む(無料) ⇒ https://www.facebook.com/tec1mouke

以上、大和賢一郎でした。

大和賢一郎オフィシャルサイト ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せなサラリーマンになる方法 事業×IT=成功
────────────────────────────────────
バックナンバー ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2back.html
購読・解除 ⇒ http://kenichiro-yamato.jp/mag2.html
────────────────────────────────────
発行者 ITエンジニア 大和賢一郎(やまと・けんいちろう)
大和賢一郎のFacebook ⇒ https://www.facebook.com/1mouke
面識が無くても承認しますので、お気軽に友達リクエストくださいね!
メッセージもお待ちしています!  (C) Copyright 2012 大和賢一郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━